SHOUZOU.COMが肖像画を制作いたします。2004年パリの画廊・ギャラリー・サフィ―ルと契約。本格的な肖像画を、老舗メーカーの素敵 な額縁に入れてお届けします。どうぞご利用ください。
肖像画専門店・肖像ドットコムロゴ1 肖像画専門店・肖像ドットコムロゴ2
肖像画トップページ 肖像画ギャラリー1 肖像画ギャラリー2 肖像画のお問い合わせ 肖像画サイトマップ plate
HOME
油絵肖像画
水墨肖像画
こちらから
SITEMAP









肖像画メールマガジン
【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年
信長、信玄、家康、モーツァルト…古今東西の肖像画辞典!
   
≫バックナンバー
powered by 肖像画専門店⇒まぐまぐトップページへ




更新情報
 




...

メールマガジン形式

https://www.shouzou.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年          No.0015

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                          2009年03月31日発行

★★★歴史上の人物に会いたい!⇒⇒⇒過去に遡り歴史の主人公と邂逅する。
そんな夢を可能にするのが肖像画です。

 織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康、モーツァルト、ベートーベン、
ジャンヌ・ダルク、モナリザ……古今東西の肖像画を紀元2千年の肖像画家と
一緒に読み解いてみませんか?


□≪今週の内容≫―――――――――――――――――――――――――□

【1】 ジャン・フーケ作
    「シャルル7世の肖像画」
    (フランス・ルーブル美術館)
【2】 肖像画データファイル 
【3】 像主 シャルル7世とその時代
【4】 作者 ジャン・フーケについて 
【5】 肖像画の内容 
【6】 次号予告
【7】 編集後記
□――――――――――――――――――――――――――――――――□


◆【1】「フランス国王・シャルル7世の肖像画」━━━━━━━━━━━◆

 今回はジャンヌ・ダルクの主君だった「フランス国王シャルル7世の肖像」
をお届けします。

 彼は一筋縄ではいかない複雑怪奇なプライドを持ち、計算高く、状況判断に
優れた明晰な頭脳の持ち主でした。

 フランス絵画史上、随一の肖像画家ジャン・フーケの筆は、まさにこの国王
シャルルの性格を描き得ています。

★★★「シャルル7世の肖像画」はこちら
⇒⇒⇒ https://www.shouzou.com/mag/p15.html


◆【2】肖像画データファイル━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

作品名: シャルル7世の肖像>
作者名: ジャン・フーケ
材 質: 油彩(板)
寸 法: 86×71cm
制作年: 1450年頃
所在地: ルーブル美術館(フランス・パリ)
注文者: 本人
意 味: 王自らが戦勝を記念して作らせた肖像。<br>フランスは、1435年、
ブルゴーニュ派との内乱を終わらせ、1440年代には、イギリスに占領された国
土をほぼ奪還。百年戦争も終結に向かいつつあった。額縁の上枠には「勝利に
輝けるフランス王」下枠には「シャルル・その名の7世」という銘文がある。


◆【3】像主・シャルル7世(1403-61)とその時代━━━━━━━━━━◆

 バロワ朝フランスの第5代国王で、シャルル6世(1368-1422)とイザボー・
ド・バヴィエール(1370-1435)の子。在位は1422年〜61年。
勝利王 "LE VICTORIEUX" と呼ばれている。

 百年戦争(1337-1453)を終結させた極めて有能な国王であった。

 人頭税の恒常化、塩など専売税の創設、教会の管轄権宣言、常備軍の改組、
高等法院の増設、官僚制の整備、経済の復興、国王親族の領土の併合などに
努め、フランス統一を促進するとともに、絶対王政の地歩を確立した。

---------------------------------------------

 百年戦争の原因はイギリスの領土的野心である。14世紀前半、豊かなフラン
ス南西部のギュイエンヌ地方と、北東部フランドル地方の利権をめぐって英仏
は対立していた。

 フランス王権がカペー朝からバロア朝に移る際、イングランド国王エドワー
ド3世はフランス王位継承権を主張する。

 カペー朝は跡継ぎの不在によって断絶したのであるが、エドワード3世の母
親はカペー王家の血筋であった。したがって、自分が正当な後継者であると
1337年バロア朝のフィリップ6世に対して宣戦布告したのである。

 戦争は百年に渡って間歇的に続いた。フランス側では、フィリップ6世の子
ジャン2世が死んだ後、シャルル5世が継ぎ、王弟フィリップ(剛勇公)はブル
ゴーニュ地方を治めることになった。

---------------------------------------------

 シャルル5世の子・シャルル6世は、1392年24歳のとき、プルターニュ遠征に
おいてイギリス軍に敗れ、発狂、精神異常者となった。宮廷では全く政治を摂
ることができず、各地に暴動が頻発した。

 シャルルの王妃イザボーは、さらに立て続けに王太子を亡くし、王弟のオル
レアン伯・ルイ(ルイ・ドルレアン)と関係を持ったが、これが王の従兄弟ブ
ルゴーニュ伯・ジャン無畏公(フィリップ剛勇公の子)との対立の引き起こす。

 1407年ジャン無畏公はルイ・ドルレアンを暗殺。有力な支持者を失ったイザ
ボーは南西部に領地を持つアルマニャック伯ベルナール7世と関係を持つ。そ
して1411年遂に、アルマニャック派とブルゴーニュ派の間で内戦が勃発した。

 このフランス国内の分裂に乗じて、イギリス国王ヘンリー5世は1415年ノル
マンディーに上陸。アザンクールの戦いで大敗したフランスは、オルレアン公
シャルル・ドルレアン(ルイの息子)が捕虜となった。

 アルマニャック派では13歳のシャルル(後の国王7世)が4人目の王太子とな
ったが、実母イザボーはシャルルと不和であった。彼女は1417年ベルナール7
世によって追放されると、今度は何とブルゴーニュ派のジャンと関係を結ぶ。

 1418年イギリス軍のルーアン攻囲。時を同じくしてブルゴーニュ派がパリを
占領したため、王太子シャルルはパリを脱出する。

---------------------------------------------

 1419年になると、ブルゴーニュ公ジャンはイギリスに対抗するため、王太子
シャルルに対して休戦を呼びかけた。しかし、王太子は和睦の途上でジャンを
暗殺。12年前の叔父ルイ・ドルレアン殺害に対する復讐であった。

 父・ジャン無畏公を殺された、後継者フィリップ3世(ル・ボン=善良公)
は、このため、逆にイギリスとの同盟に踏み切る。

 1420年、イザボーもまた夫・狂王シャルル6世を説きつけて、イギリス、ブ
ルゴーニュとの三者同盟・トロワ条約を結んだ。

 その内容は、娘の王女カトリーヌをヘンリー5世の王妃とし、シャルル6世の
死後は、ヘンリー5世がフランス王位を相続する。結果、実子のシャルル王太
子は王位継承権を失うというものだった。

 1422年、ヘンリー5世が急死。狂王シャルル6世も死去したため、1歳にも満
たないヘンリー6世が英仏両王として即位。

 同時にシャルル王太子も「フランス国王」を称したが、ブルゴーニュ派が占
拠するパリを離れブールジュにあったため、「ブールジュの王」と呼ばれた。

 1424年より、シャルルは対英戦争を試みるが、いずれも連戦連敗。北西部は
イギリスの手にあり、北東部はブルゴーニュ領。奪われ縮小し続ける王領は
フランス中南部のみ、国土の3分の1にも満たなかった。

 1428年、イギリスはオルレアン包囲を開始した。イギリスにとっては、アル
マニャック派の拠点中部オルレアンを落とせば、一気に南部まで侵攻できる
はずであった。

---------------------------------------------

 このとき現れたのが、弱冠17歳の少女、ジャンヌ・ダルクである。1429年4月
29日、イギリス軍の目をかいくぐって入城すると、わずか10日目にはオルレア
ンを解放。さらに2ヵ月後にはランスを制覇。

 ジャンヌの奇跡的な活躍により、王太子シャルルは古式にのっとったランス
での戴冠式を挙行する。こうして正式にフランス国王シャルル7世であること
を宣言したことには、中立諸侯に対して大きな意味を持った。

 同時にシャルル7世はこのときから智謀を縦横に発揮し始める。

 パリを一気に攻めよ、というジャンヌの進言を、のらりくらりとかわしなが
ら、兵を取り上げ、彼女に与えたのは貴族の称号だけだった。その裏で、ブル
ゴーニュとの休戦交渉を進めていたのである。

 ジャンヌは少ない兵でパリ攻撃を敢行。1430年5月、コンピエーニュの戦い
でブルゴーニュ軍の捕虜となってしまった。

 この時点においてシャルル7世がブルゴーニュ公に対して身代金を払えば、
ジャンヌを取り戻せたのだが、彼はただ沈黙した。

 オルレアンを奪回した今、進めるべきは外交である。貯えは枯渇しつつある
から兵は動かせない。シャルルには、主戦派のジャンヌに金を費やす必要性が
なかった。

 ジャンヌは、ブルゴーニュ軍からイギリス軍に売り渡され、異端審問の末、
1431年5月火刑に処された。

---------------------------------------------

 ブルゴーニュ派との和解の気運は高まりつつあった。

 同年アラスの休戦成る。そして1435年のアラスの講和により、フランス王シ
ャルル7世とブルゴーニュ公フィリップ3世との間に和睦が成立した。

 フィリップの父ジャン無畏公を殺したシャルルとの和睦。1435年の時点では
ブルゴーニュ派にとっての経済的メリットは大きかったが、この和睦の代償が
イギリス・ブルゴーニュ同盟の崩壊であった。

 フィリップ3世は、自らが王国の君主となるチャンスを永遠に放棄すると同
時に、次代のブルゴーニュ公国滅亡の遠因を作ってしまった。善良公(ル・ボ
ン=おひとよし)と称される由縁である。


 機は完全に熟した。ここからシャルル7世の攻勢が始まる。

 1442年 ギュイエンヌへの攻勢。
 1444年 トゥール休戦条約。
 1448年 ル・マン占領。
 1449年 トゥール休戦の破棄と戦争再開。ノルマンディーへの攻勢と奪回。
 1451年 ギュイエンヌへの攻勢。
 1453年 カスティヨンの戦い。ボルドーの占領。イギリス軍の降伏。

 その結果、カレーのみを残して、すべてのフランス領土を回復した。

---------------------------------------------

 このように「勝利に輝けるフランス王」であったシャルル7世だが、家庭に
おいては、最後まで大きな問題を解消できなかった。王太子ルイ(1423-1483
;後のルイ11世)がことあるごとに敵対したのである。

 それは1443年、40歳のシャルルが美貌の愛妾、21歳のアニェス・ソレル(14
22-1450)を置いたことに端を発するのだろうか。彼女はフランス初の公式寵
妃といわれている。このときルイは20歳。実母・王妃マリーは健在だった。

 アニェスは、片胸を露出した斬新なファッションで王を魅惑する一方で、政
策に関して相談相手を務めるほど才色兼備の女性だったが、1450年28歳のとき
非業の死を遂げた。ルイによって毒殺されたともいわれている。

 ルイが相次いで企てた封建反乱は鎮圧されるのだが、シャルル7世の晩年は王
太子との絶えざる紛争の中に過ごされ、精神も錯乱した。そして毒殺を恐れて
摂食障害となり、ついには餓死に至った。


◆【4】肖像画の作者について━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 画家の名は、ジャン・フーケ(1420-1481)。フランドルに源を発するフラ
ンス・ゴシック・リアリズムと、イタリア・ルネサンス様式を融合させて新し
いスタイルを確立した、15世紀フランス最大の画家・写本装飾家である。

 フーケは、フランス中部ロレーヌ地方のトゥールに、聖職者の私生児として
生まれる。写本装飾家の教育を受けるためパリに出て、細密画を学び、フラン
ドルのランブール兄弟の作品に親しんだ。

 1443年から1447年までローマに滞在。1446年には、ローマに派遣されるフラ
ンス使節団に随行していることから、20代前半にしてすでに高名であったこと
が伺える。

 この間、「ローマ法王エウゲニウス4世の肖像画」をキャンバスに描いたと
いう記録が残る。またバチカン宮殿にあったフィレンツェ様式の巨匠、フラ・
アンジェリコのフレスコ壁画からは多くの示唆を受けたらしい。

---------------------------------------------

 帰国後は、シャルル7世の宮廷で活動を始めた。

 最初のパトロンは王室秘書官・大蔵卿を務めたエティエンヌ・シュバリエで
あり、彼のために60ページ、フルカラーの装飾写本「エティエンヌ・シュバリ
エの時祷書」(1450-60;コンデ美術館蔵)を制作した。

 同じくシュバリエの依頼で「ムランのノートルダム聖堂のための祭壇画」を
制作。

 これは2つ折のパネルから成り、左翼が「聖エティエンヌとエティエンヌ・
シュバリエ」(1450-53;ベルリン市立美術館蔵)。聖エティエンヌとは聖ス
テファノのフランス名。

 右翼が「聖母子像」(1453-54;アントワープ王立美術館蔵)。「ムランの
聖母」とも呼ばれる。

 聖母のモデルは明らかに故アニェス・ソレルであり、両翼合わせると、大蔵
卿シュバリエが、守護聖人と共に、アニェス・ソレルを拝む図になるが、聖母
が球状の乳房を露出させているため、スキャンダラスな印象を持つ。

---------------------------------------------

 肖像画としては「フランス国王シャルル7世の肖像画」「ウルサンのギヨー
ム・ジュヴェナルの肖像画」「自画像」(いずれもルーブル美術館蔵)などが
有名。

 1461年シャルル7世が崩御すると、宮廷から葬儀に用いるための彩色デスマ
スクの制作を依頼された。後継者ルイ11世のもとでは、宮廷画家としての地位
を与えられた(1475年)。

 彼は大きな工房を指揮しタブロー(絵画)や装飾写本を制作。その他にも、
ルイ11世のパリ入城を祝う奇跡劇のための足場や、ポルトガル国王アルフォン
ソ5世のトゥール入城儀礼のための天蓋をデザインした。

 晩年の作品では、「キリスト降下」(1470-75;ヌーアン教会)が残る。
1481年トゥールにて死去。

 フーケが残した作品群は、どれもが代表作と呼べるような質の高い作品ばか
りであった。


◆【5】肖像画の内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「シャルル7世の肖像」の額縁の上段には、"LE TRES VICTORIEUX ROI DE
FRANCE(勝利に輝けるフランス王)" 下枠には"CHARLES SEPTIESME DE CE
NOM(シャルル・その名の7世)"という銘文が書かれている。

 この勝利とは、シャルル7世が成し遂げた偉業であるトゥールの休戦(1444
年)あるいはフォルミニーの勝利(1450年4月15日)を指すという。

 作者フーケは1447年にイタリアから帰国、その頃はトゥール休戦中であり、
画家自身もトゥール出身であることから、前者を記念したもの考える方が自然
であろう。

 画面は、3枚の板を接いで作っている。よく見ると、目の部分に継ぎ目が来て
いる。絵の具の剥落を防ぐため、普通は継ぎ目が顔に当たらないようデッサン
するのであるが、幸いにも影響は少ないようである。

 剥落部分に修復による補筆があるのかどうかは定かではない。しかし550年
の歳月を考えると、大変に保存状態は良くフーケの確かな技術がしのばれる。

---------------------------------------------

 画面構成は、ちょうど王宮の窓からカーテン越しに王が出現した形である。
 細身ながらも肩幅は広い。眉を細く剃りあげ、くぼんだ小さな目に、神経質
そうな表情。おしゃれ。気まぐれ。ダイエット。疑い深く優柔不断。冷徹。明
晰。非情。といった言葉が浮かぶ。

 拡大図の右に掲げたのは、前回取り上げたフランドルの画家、ファン・アイ
クの主君「ブルゴーニュ公フィリップ善良公の肖像画」(ロヒール・ヴァン・
デル・ウェイデン作)である。

 フィリップ3世は、シャルル7世と同じ血筋であり、終生の好敵手だったが、
並べてみると、確かにル・ボン=おひとよしに見えてしまう。苦労知らずの、
育ちの良さがにじみ出ている。

 シャルルは幼くして、父が精神異常者となり、兄3人を失くす。実母イザボ
ーには、父王シャルル6世の子ではないと疎まれ、王であるにもかかわらず、
流浪の半生を送った。

 有能な部下たちが配下に集まったけれども、決して信用することはない。小
娘ジャンヌ・ダルクの理想など信ずるには足らないものだったろう。

 画家は、辛らつな人物の性格・内面性を見事にえぐりだす。


◆【6】次号予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 今回は「オルレアンの乙女、ジャンヌ・ダルクを知るための旅」の前段に当
たります。そして、次回はいよいよ「ジャンヌ・ダルクの肖像」です。

 ただし、残念ながら名のある画家による、同時代の彼女の肖像は存在しませ
ん。彼女はあまりに若く、活躍期間もあまりに短く、晩年は獄中にいたためで
す。有名な作品は死後数百年後のものばかりです。

 ですから、厳密には肖像画論といえないかもしれませんが、その姿を思い描
くには十分なものになると思います。

 次回「ジャンヌ・ダルクの肖像」を何卒ご購読のほど、よろしくお願いたし
ます。


◆【7】編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 フランス。フランス共和国。日本人にとって、地理的にも人種的にも歴史的
にも、ほとんど隔絶しているにもかかわらず、最も親しみを覚える国としてフ
ランスは考えられています。

 この現象は、その文化・芸術の豊穣に由来すると思われますが、実に特異な
ことです。2003年から1年間滞在した筆者には、日本人との相違ばかりが目に
ついたものです。

 非効率。汚いパリ。高すぎる電化製品や文具。うそつき。人種差別の国。こ
れらは非常に個人的な印象です。

 フランス人と結婚した元フジテレビアナウンサー中村江里子のフランス人に
関する辛口コメントが一部で注目されていますが、聞かずとも想像できてしま
います。(もちろん、親日家で素晴らしい人もいます。)

 そして私にとって“最も苦手なフランス人”を表す顔。それがこの、550年
前の「フランス国王シャルル7世」でした。


********************************************************
 【肖像ドットコム】『時空を超えて〜歴代肖像画1千年』
 発行周期 :不定期
 「肖像ドットコム」ホームページ https://www.shouzou.com/
    発行システム:『まぐまぐ!』 https://www.mag2.com/
    配信中止はこちら https://www.mag2.com/m/0000217722.html
********************************************************
 《このメールマガジンの内容を無断で転載掲示することを禁じます》
   Copyright (C) 2007 SHOUZOU.COM. All Rights Reserved.
      ただし、リンクやお友達への転送はご自由です
********************************************************


メールマガジン 【時空を超えて〜歴代肖像画1千年】

 歴 史好きのための雑学辞典 信長、信玄、秀吉、家康、モーツァルト、ベートーベン、ジャンヌ・ダルク、モナリザ…古今東西の肖像画を、紀 元2千年の肖像画家と一緒に読み解いていきましょう!

 メールアドレスを入力するだけで、新刊が発行されるたびに、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』よりメールマガジンが届きます。

  『まぐまぐ』は、メールマガジン32,367誌、のべ読者登録3500万人という日本最大のメルマガ発行スタンドです。

 メールアドレスは『まぐまぐ』の自動登録システムで管理され、サイト側では利用することが出来ませんので安心です。


無料メールマガジン登録・解除 ID: 0000217722
【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



. . .


 


肖像画制作の本 格派
肖像ドット コム

since1999



【時空を超えて〜歴代肖像画1千年】の歴史上の肖像画名品 の画像については、SHOUZOU.COMは著作権を持ちません。
これを使用したい場合は、所在地の欄に示した所有者・著作権者に許可を取ってください。
その上でしたら、当方に連絡することなくダウンロードしていただいても構いません。

ただし、SHOUZOU.COMが制作したオリジナル肖像画図版、写真、文章については、全て制作者本人が「著作権」を有しています。ページの一部または全部について著作権者の承諾を得ずに無断で 複写、複製することは法律で禁じられています。
Copyright (C) 1999-2018 SHOUZOU.COM. All Rights Reserved.

PAGE TOP