油絵肖像画 注文制作の肖像ドットコム。離れて暮らすご家族の大切な思い出に。金婚式、銀婚式のお祝いに。叙勲、就任、引退、卒業のご記念に。ご子孫に安心して残せる、価値ある肖像画・ウェルカムボードを制作いたします。作品は高級額縁に納めてお届けします。
肖像画専門店・肖像ドットコムロゴ1 肖像画専門店・肖像ドットコムロゴ2肖像画油絵 女性像
肖像画トップページ 肖像画ギャラリー1 肖像画ギャラリー2 肖像画のお問い合わせ 肖像画サイトマップ
HOME
油絵肖像画
水墨肖像画
こちらから
SITEMAP









肖像画メールマガジン
【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年
信長、信玄、家康、モーツァルト…古今東西の肖像画辞典!
   
≫バックナンバー
powered by 肖像画専門店⇒まぐまぐトップページへ




更新情報
 



メールマガジン形式

https://www.shouzou.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年          No.0011

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                          2007年06月25日発行

★★★歴史上の人物に会いたい!⇒⇒⇒過去に遡り歴史の主人公と邂逅する。
そんな夢を可能にするのが肖像画です。

 織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康、モーツァルト、ベートーベン、
ジャンヌ・ダルク、モナリザ……古今東西の肖像画を紀元2千年の肖像画家と
一緒に読み解いてみませんか?


□≪今週の内容≫―――――――――――――――――――□
【1】 豊臣秀吉の肖像画(逸翁美術館)
【2】 肖像画データファイル 
【3】 像主・豊臣秀吉およびキリシタン政策について
【4】 作者について 
【5】 肖像画の内容 
【6】 次号予告
【7】 編集後記
□――――――――――――――――――――――――――□


◆【1】豊臣秀吉の肖像画(逸翁美術館)━━━━━━━━━━━━━━━◆

 今回お届けする肖像は、豊臣秀吉の追慕像制作のための画稿(デッサン)で
信長の御用絵師だった狩野永徳の弟子・狩野山楽が太閤秀吉の面前で描いたと
されています。


★★★豊臣秀吉の肖像画(逸翁美術館)はこちら
⇒⇒⇒ https://www.shouzou.com/mag/p11.html


◆【2】肖像画データファイル━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

作品名: 豊臣秀吉画像(画稿)
作者名: 狩野山楽
材  質: 紙本淡彩(日本画・軸装)
寸  法: 53.4×59.4cm
制作年: 1598年以前
所在地: 逸翁美術館(大阪府池田市)
注文者: 豊臣秀吉正妻・高台院であろう。
意  味: 追慕像制作のための画稿で、本画稿は狩野山楽が太閤秀吉の面前で
描いたとされる。

下部に「これかよくに申よしきいて候」(これが良く似申し由、聞いて候)
という書き入れがある。


◆【3】像主・豊臣秀吉(1537-1598)について ━━━━━━━━━━━◆

 室町から桃山時代の武将。織田信秀の足軽百姓・弥右衛門の子として、尾張
の中村に生まれ、幼名を日吉丸、のち藤吉郎と呼ばれた。姉に甥・秀次を生ん
だ、のちの瑞龍院があった。

 母は御器所村の人で、夫・弥右衛門との死別後、信秀の元同朋衆だった竹阿
弥と再婚し、秀吉の異父弟にあたる小一郎(のちの秀長)と、のちに徳川家康
に嫁ぐことになる異父妹・旭をもうけた。


 彼は15歳ごろ家を出ると、遠江・今川氏に属する松下嘉兵衛之綱に雇われた
が、1558年尾張に戻って信秀の子・織田信長に仕え、木下藤吉郎と名乗る。
1561年には浅野長勝の養女(杉原助左衛門定利の娘)ねね(1548-1624)を妻
に迎えた。

 次第に信長に重用され、1566年の美濃・斎藤氏攻めにあたっては、墨俣城築
城に才能を示した。南近江・六角氏攻め、伊勢・神戸氏、北畠氏攻め、近江・
浅井氏、越前・朝倉氏を破った姉川の合戦などに功績があり、近江・小谷城主
12万石、ついで長浜城主となる。

 浅井攻めの頃から斎藤氏の家臣だった竹中半兵衛重治を軍師として用い、ま
た羽柴筑前守秀吉を名乗るようになった。

---------------------------------------------

 1577年信長の命で、西国の雄・毛利氏攻めにあたる。播磨・姫路城主、黒田
官兵衛孝高を配下とすると、播磨・三木城の別所氏、備前・宇喜多氏、因幡の
鳥取城主・吉川経家をくだし、1582年には備中・高松城の清水氏を包囲した。

 このとき秀吉の援護に向かう予定だった信長が、6月2日家臣・明智光秀によ
って京都・本能寺で非業の最期を遂げるという大事件が起こった。

 主君の死に、さすがの秀吉も茫然自失、泣き崩れたというが、竹中亡きあと
の軍師・黒田官兵衛の秘策で、毛利氏と急ぎ和議を結び、光秀を討つため大軍
を取って返す、中国大返しを挙行した。

 現在の岡山市の先から京都・山崎まで距離にして200km 超。秀吉軍は駆けに
駆けた。家来の前野某が、「何も知らされず、あのときほど苦しい思いをした
ことはない」と述懐した記録が前野家文書『武功夜話』に残されている。

 北陸道で上杉氏に釘付けの柴田勝家、武田氏の旧領経営に就いたばかりの東
山道の滝川一益、京に遊覧中の東海道の徳川家康、兵士逃亡が相次ぎ大阪城に
移動せざるを得なかった神戸信孝・丹羽長秀。

 信長家臣団の誰もが動けない中で、遠隔地で最大の敵・毛利氏と対峙してい
た秀吉が、本能寺の変後わずか11日めにして、逆臣・明智光秀を敗走させた。

 このことは信長死後の事態収拾のための清洲会議で秀吉を優位に立たせるこ
とになる。彼は、信長の次男・信雄と三男・信孝、筆頭家老の柴田勝家を退け
て、信長の孫・三法師(秀信)を擁立し、後継者にのし上がった。

---------------------------------------------

 翌1583年4月、賤ヶ岳の合戦で、織田信孝、滝川一益、柴田勝家連合軍を破
りると、その年の9月から3年がかりで大坂石山本願寺跡に巨大な大坂城を築い
た。城下には堺・伏見の商人を移し大城下町を実現した。

 1584年には、徳川家康・織田信雄連合軍と争う。戦さ巧者の家康は、小牧・
長久手の戦いで秀吉軍を完敗させ、土佐の長宗我部氏、紀伊の雑賀衆、越中の
佐々成政とも連携を取っていた。しかしここで、秀吉が信雄を抱き込むという
挙に出たため、大義名分を失った家康は講和した。

 1585年徳川家康は、秀吉から妹の旭姫、実母の大政所を人質に差出されたの
を潮に、翌1586年大坂に上り、臣属することになる。この年、秀吉は豊臣の姓
を入手し、関白に就任した。同年土佐の長宗我部元親を屈服させ、1587年には
薩摩の島津義久を攻略し九州を平定した。聚楽第の完成はこの年のこと。

 1590年秀吉は、小田原城を攻めて北条氏を滅ぼし、奥州の伊達正宗を帰服さ
せ、信長も成し得なかった天下統一を遂に完成させた。

---------------------------------------------

 1591年1月、人望の高かった秀吉の弟・大和大納言・豊臣秀長が死んだ。

 百姓出身の秀長は、兄に仕えるようになってからも、力攻めを避け、寝返り
工作、兵糧攻めを好む有能な謀将だった。彼は秀吉の軍政にとって最大の功労
者であり、唯一信頼を置くことのできた人間である。

 秀長の死後は、天下人・秀吉に歯止めをかけるものがいなくなったため、そ
の無道ぶりだけが際立つことになった。

 翌2月、商人で茶の宗匠・千利休を切腹させ、1595年には後継者に定めてい
た甥の関白秀次・その子女・妻妾三十余人と家臣前田長重らを殺害した。

---------------------------------------------

 そして、晩年の秀吉を締めくくるのは、海外侵略の野望、悪名高い朝鮮出兵
である。1580年代中頃から朝鮮に対して幾度も入貢を促しており、前後してポ
ルトガル領インド総督やフィリピンのマニラ政庁、高山国(台湾)にも入貢を
勧めていた。

 朝鮮王室が応ずることなく、秀吉の号令が全国に降る。こうして、一度目の
文禄の役(壬辰倭乱:1592-96)では15万8千人、二度目の慶長の役(丁酉倭乱
:1597-98)では14万人の軍隊が大陸に渡っていった。

 すべてが順調だった1592年6月頃、秀吉自らも朝鮮に渡ろうとした。まさに
乗船寸前だったが、徳川家康・前田利家により強く諌止された。道中の安全を
憂えてというのが表向きの理由だったが、大陸侵略はまったく実情にそぐわぬ
ものだったからである。家康たちには先が見えていた。

 いずれも緒戦は連戦連勝。しかし、大砲を活用する全羅水軍節度使・李舜臣
の大活躍により制海権を握られ、補給路を断たれた秀吉軍の戦局は次第に悪化
する。

 戦いが長引くに連れ、兵糧の欠乏は深刻さを増し、敗走が繰り返されたが、
朝鮮民衆への残虐行為は増え続けた。朝鮮側に幾十万の犠牲が出たのか、記録
はない。やがて日本軍の中にも、厭戦気分が蔓延。朝鮮・明連合軍に投降・参
軍する兵士(降倭)があいついだ。

 秀吉は戦争処理の着かぬまま、1598年8月唯一の後継者・秀頼(1593-1615)
の将来を案じながら62歳で病死した。

---------------------------------------------

【秀吉のキリシタン政策について】

 1587年のこと。九州平定の途上にあった秀吉は、キリシタンの布教された地
域の神社仏閣が荒廃し尽くされていることに驚いた。同時に、キリシタンが一
向宗と同じ一大勢力になる危険性を感じ取る。

 宣教師たちはキリシタン大名の領内で宣教活動を行う一方、奴隷売買を仲介
していた。キリシタン大名の大友宗麟・高山右近・有馬晴信らは、火薬を得る
ために人身売買を容認。「火薬一樽につき日本娘50人」だったという。

 同年7月秀吉は、11ヶ条からなる「伴天連(ばてれん)追放令」を発令した。
しかし、キリスト教が予想以上に普及しており、南蛮貿易を許可していたこと
から、その効力はさほど強くなかった。

 1590年には、天正遣欧少年使節が帰国した。大友、大村、有馬の甥たちは、
売り飛ばされた見目の良い日本娘たちのことをヨーロッパ各地で見聞きしてい
た。その数50万人。宣教師たちはインド・アフリカまで売りさばいていた。

---------------------------------------------

 さらに1596年9月、土佐の浦戸に、スペイン商船サン・フェリペ号が漂着し
た。9年前に発令された「伴天連追放令」で通商は断絶していたため、船の貨
物は没収された。

 船長は、秀吉が派遣した増田長盛に世界地図を見せ、「広大な領土を持つス
ペイン人を虐待するとただでは済まない」と威嚇した。

 長盛が「いかにしてこのような領土を得たのか?」とたずねると、船長は
「まず宣教師を派遣して、人民を帰依させてのち、乱を煽動する。しかるのち
に軍隊を送り、その国を征服する」と語った。

 宣教師たちはスペインの、世界最強の海軍力を背景にキリシタン大名を取り
込み、「日本占領計画」を進めようとしている。朝鮮征伐でも明らかなように
日本は海軍力が弱く、兵器も十分ではない。

 秀吉はこの報告を聞き及ぶにいたって、キリシタン禁教に踏み切った。同年
11月のことである。石田三成には、京都在住の宣教師と信徒の捕縛を命じた。

 捕えられたキリシタンら26名は、京都からわざわざ長崎まで引きまわされ、
十字架に縛り付けられたまま槍で処刑された。有名な「長崎二十六聖人殉教」
である。キリスト教世界に対する大デモンストレーションとして、秀吉はわざ
と、知れ渡るように行なったのである。


 こののち、秀吉の外交政策は次の天下人・徳川家康に引き継がれた。やがて
それは鎖国として完成された。当時の日本にあっては、日本国民の安全を保持
し、またヨーロッパと著しく異なる金銀の価値基準を維持する上でも必要な優
れた政策であった。


◆【4】肖像画の作者について━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 絵師の名は狩野修理亮 山楽(1559-1635)。狩野永徳・長谷川等伯・海北友
松と共に、桃山ルネサンスの四大家と称される。

 本名は、木村平三光頼。近江・浅井長政の家臣だった木村長光の子に生まれ
た。おそらく長光は織田信長と敵対した主君・浅井長政と共に、小谷城に討ち
死にしている。

 秀吉は、敵将の子・光頼を持ち前の豪気さから小姓として召し使った。亡き
父・長光も花鳥画や肖像画を描いたといい、彼には絵心があった。あるとき鞭
の先で地面に描いた、踊り上がるような馬の絵が、秀吉の目に留まった。

 当時は1576年から始まった安土城の普請のまっ最中である。織田信長の御用
絵師・狩野永徳が始終出入りしており、光頼は、秀吉の推薦を受けて永徳の弟
子となる。のちに腕を見込まれ、永徳の養子にもなった。

 1579年に安土城が完成したとき、師の永徳は37歳、光頼は21歳。光頼は安土
城の装飾に参加したはずである。永徳の実子・右京光信(1565-1608)はこの
頃15歳、右近孝信(1570-1618)は10歳に過ぎなかった。

---------------------------------------------

 永徳、その弟・宗秀、光頼ら狩野一門は、1582年の信長の死後、天下人と
なった秀吉のために引き続き障壁画を制作した。1583年から大坂城、1586年に
は正親町院仙洞御所、1587年の聚楽第、1588年の天瑞寺と普請があいついだ。

 1588年東福寺法堂の天井画「雲龍図」制作中に永徳が倒れると、光頼はあと
を引き継ぎ、画工・狩野修理亮の名で完成させた。龍の頭部だけで6メートル
という大作であり、この仕事で彼は永徳の後継者として認められたのである。
1590年永徳が死去すると、まだ若い光信・孝信を、宗秀と共に支えた。

 1594年の伏見城障壁画にあたっては最も活躍したが、1598年秀吉が死ぬと、
天下の形勢は徳川家康を中心に回り始める。1600年、関が原の戦いに勝利した
家康が天下を取ると、光信は江戸に下り、孝信は禁裏の御用絵師となった。

 光頼は剃髪して狩野山楽と号したけれども、彼だけは豊臣家との強い関係を
保ち続け、秀頼の命で、豊国神社の絵馬を描いたりしている。

---------------------------------------------

 しかし、1615年の大坂の陣で豊臣家が滅ぶと、山楽は徳川方の厳しい追及を
受けることとなった。落城の間際まで大坂城内に留まっていたからである。

 友人の書家・松花堂昭乗が徳川本陣に出頭。山楽は画工であって武士ではな
いと、助命を嘆願してやっと許された。このとき山楽は、家康に対し赦免の御
礼のため、駿府に下向している。

 以後は1621年の養源院「唐獅子図」や1628年の二条城行幸殿「陶淵明像」な
ど徳川家の下命による作画も増え、また東本願寺や九条家など貴族のためにも
しばしば制作した。

 山楽は動植物の描画に優れ、六曲一双紙本金地著色の風俗画「犬追物図」
(常盤山文庫)には、構図の妙、リズム感、写実力、色彩感覚など天才的とい
うほかない技の極致を見せている。

 彼の子・光孝は短命だったが、養子に迎え、娘と娶わせた奇才・狩野山雪
(1590-1651)が京狩野として様式を伝えた。

 1635年8月19日狩野山楽死去、享年77であった。


◆【5】肖像画の内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 全図では、胸から上が重ね貼りされた別紙の上に描かれたことが分かる。

 また下部に「これかよくに申よしきいて候」(これが良く似ていると聞いて
います)という、取次ぎ者の書き入れがあることから、別紙大の下絵が数枚あ
って、その中から選ばれた一枚なのであろう。

 「似ている」と言ったのは、秀吉当人なのか夫人なのかは不明だが、この絵
は下絵であり、これを元にした本絵があったに違いない。

 参考図として掲載した高台寺本は、豊臣秀吉像として教科書に掲載される最
も有名な肖像で、神格化した「豊国大明神」を表わしている。これと本図は似
ているが、元々高台寺本のために描かれたものかは疑わしい。

 普通、日本画で本絵を作る際、原寸下絵をそっくり同じに敷き写す。つまり
トレースするのである。もちろん修正することはある。しかし、2枚を比べて
みると、参考図では「気」や「線質」が劣っている。

 本図を参考にしている(見ながら描いている)ことは間違いないが、シワ
の向きや長さに微妙な相違があって、筆者には絵師が別人のように思える。

---------------------------------------------

 詳しく本図を見てみよう。

 秀吉は黒い表衣(うえのきぬ)の束帯姿で上畳に座っている。神護寺蔵の有
名な源頼朝像と同じく、朝廷の正装に身を包む伝統的な様式である。

 冠を被り、右手に笏(しゃく)を持ち、腰に佩いた(吊るした)太刀の柄
(つか)に右手を置いている。

 痩せてはいるがまず堂々とした体躯である。

 しかし、熟視すると面白いことに気づく。

 袖口を見てほしい。何か変ではないだろうか? 両の前腕部あたりには袖の
黒い穴がのぞいているではないか。さらにその下には黒く塗りつぶされた両手
が見えている。ここがデッサンの面白いところである。

 初めに描かれた両手は、もっと上部にあったことが分かるのだ。そうしてみ
ると、秀吉の腕は随分短い。頭部に別紙が重ね貼りされているのも、当初はも
っと小さな頭部だったのを修正するためだったのかもしれない。

 秀吉は、猿とあだ名される小男だったことは事実である。しかし、後世に伝
わる肖像画のためには、小男に見えないように修正が施されたのだ。

---------------------------------------------

 顔を見る。狭い額に小さな顎。肉付きの悪い頬。

 秀吉の容貌は、貧相といえるかもしれないが、バランス良く整った顔立ちで
もある。なるほど一代で天下を取った男、百姓のこせがれから天下様まで昇り
つめ、現代では出世の神、金運の神とも称される男とはこういう顔なのか。

 注意力・観察力に優れ、機転が利き、行動力がずば抜けていた秀吉。人間関
係・調整力、人たらしの天才。

 表情は冷たくもあり、温かくもある。瞳の色は明るい。目じりのしわも克明
に描かれ、笑えば好々爺だったに違いない。

 絵師はそれらを良く写し得ているといえるだろう。また、黒い強装束を縁取
る肥痩線の自然な美しさ。高台寺本の無味乾燥な鉄線描(太さの変らない細い
線)と比べてほしい。

 日本画の本絵とは、下絵をなぞったものに過ぎず、線は死んでいることが多
い。それは職工(アルチザン)の絵といえる。一方、本絵においても生きた線
を描ける絵師。それが本当の芸術家(アーティスト)である。


◆【6】次号予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 これまで日本の戦国時代(室町後期〜安土桃山)の肖像画を取り上げてきま
した。次回からはしばらく、西洋の肖像画を取り上げたいと思います。

 巻頭を飾るのは世界で最も有名な肖像画・レオナルド・ダ・ヴィンチ作
「モナリザ」です。時代は少しさかのぼって、西暦1500年前後の盛期ルネサン
ス、日本でいえば室町中期にあたります。


◆【7】編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 豊臣秀吉の肖像も数多く残っていますが、元画像とそれから派生した画像を
ひとつのタイプとすれば、大きく7タイプほどに分類できそうです。

 中でも異色なのが、狩野光信作品(大阪城天守閣蔵)です。秀吉の肖像は、
ほとんどが神格化されたものですが、これだけは、浅黒い百姓じいさんが、白
い直衣姿で座っているといった趣きです。理想化はまったく見られません。晩
年の秀吉はこんなものだったのではなかろうかと思わせる面白い作品でした。

 それから私が最も興味を引かれるのは、京都市左京区・光福寺蔵の羽柴秀吉
像です。テレビではよく見かけるのですが、資料が手に入りませんでした。

 信長の下で最も生き生きと戦っていた若き秀吉を彷彿とさせる佳品です。こ
の作品の資料が見つかったら再び秀吉について書いてみたいと思います。

---------------------------------------------

 では次回「モナリザ」を何卒ご購読のほど、よろしくお願いいたします。


********************************************************
 【肖像ドットコム】『時空を超えて〜歴代肖像画1千年』
 発行周期 :不定期
 「肖像ドットコム」ホームページ https://www.shouzou.com/
    発行システム:『まぐまぐ!』 https://www.mag2.com/
    配信中止はこちら https://www.mag2.com/m/0000217722.html
********************************************************
 《このメールマガジンの内容を無断で転載掲示することを禁じます》
   Copyright (C) 2007 SHOUZOU.COM. All Rights Reserved.
      ただし、リンクやお友達への転送はご自由です
********************************************************


メールマガジン 【時空を超えて〜歴代肖像画1千年】

 歴史好きのための雑学辞典 信長、信玄、秀吉、家康、モーツァルト、ベートーベン、ジャンヌ・ダルク、モナリザ…古今東西の肖像画を、紀元2千年の肖像画家と一緒に読み解いていきましょう!

 メールアドレスを入力するだけで、新刊が発行されるたびに、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』よりメールマガジンが届きます。

 『まぐまぐ』は、メールマガジン32,367誌、のべ読者登録3500万人という日本最大のメルマガ発行スタンドです。

 メールアドレスは『まぐまぐ』の自動登録システムで管理され、サイト側では利用することが出来ませんので安心です。


無料メールマガジン登録・解除 ID: 0000217722
【肖像ドットコム】時空を超えて〜歴代肖像画1千年
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



. . .


 


肖像画制作の本格派
肖像ドットコム

since1999



【時空を超えて〜歴代肖像画1千年】の歴史上の肖像画名品 の画像については、SHOUZOU.COMは著作権を持ちません。
これを使用したい場合は、所在地の欄に示した所有者・著作権者に許可を取ってください。
その上でしたら、当方に連絡することなくダウンロードしていただいても構いません。

ただし、SHOUZOU.COMが制作したオリジナル肖像画図版、写真、文章については、全て制作者本人が「著作権」を有しています。ページの一部または全部について著作権者の承諾を得ずに無断で 複写、複製することは法律で禁じられています。
Copyright (C) 1999-2018 SHOUZOU.COM. All Rights Reserved.

PAGE TOP