大切な写真が
 スマホの中に  埋もれてませんか
肖像画にして明るい額縁におさめれば、
あと50年100年家族で楽しめます♬

―― 肖像画家の安心保証 ――

2



速玉神社に熊野権現の使者現る

熊野速玉大社神門

熊野速玉神社 神門

夕刻ふたたび舞い戻ったとき。

 

日中、神門を背にして長いことたたずんで

いたら、ガイドさんが後ろから声をかけてくださった、

 

一瞬、撮影禁止?と思いましたが

そうではなくて、

 

親切にいろいろと教えてくださったのです。

お顔もお名前もご紹介できませんけど、

素晴らしい方でした。

 

「過去を司るのが速玉神社の薬師如来、

現在を司るのが那智大社の千手観音、

未来を司るのが本宮大社の阿弥陀如来。

 

病人が出たら、速玉のお薬師さん、

大学の合格祈願は、那智の千手観音、

死後のことは、本宮の阿弥陀さんに

お参りします」

 

「参拝するときは、名前と住所を云わな

ければ願いは聞き届けられません。

それから、お賽銭を入れて、

ただお願いするだけでなく、

私はこのような努力をしますと誓わないと、

願いごとはかないません」

 

等々。

 

御神木「梛(なぎ)の木」

平重盛(清盛の子)の手植えと伝えられ、

樹齢千年、日本一の大樹。

 

「速玉神社の巫女さんは、皆、梛の葉を

髪の後ろに結わえていますよ」

 

「梛の葉は熊野詣でのお守りとされました。

落ちていたのですからこれは持っていっても

大丈夫です」

 

熊野速玉大社の狛犬

速玉神社の狛犬君。

いいねえ。いい顔だねえ。

 

熊野速玉大社の鳥居

「巨石がご神体の神倉神社にぜひ行ってみて

下さい、歩いて10分です。

 

神々は最初に神倉のゴトビキ岩に降臨したのです。

熊野三山はそこから神々をお迎えして祀りました」

 

ガイドさんは、鳥居から神倉神社への一本道が

分かるように見送ってくださった。

 

感謝。

 

 

 

スマホの写真から肖像画が作れます

 

【高野秀樹 公式サイト 肖像ドットコム】

 

 


PAGE TOP