大切な写真が
 スマホの中に  埋もれてませんか
肖像画にして明るい額縁におさめれば、
あと50年100年家族で楽しめます♬

―― 肖像画家の安心保証 ――

2



鎌倉時代の絵巻に描かれた厳島神社の大鳥居

広島県の厳島神社への旅

NHKの大河ドラマ『平清盛』で知り、

ぜひ一度見たいと思って

下調べをしたのです。

『一遍上人絵伝』(鎌倉時代)に描かれた大鳥居

 

現在のものより小さく描かれている

ようです。大和絵は遠近法が

厳密ではないですからね。

 

絵巻では大鳥居の左に

下の絵がつながって描かれて

います。

 

厳島神社の創建は、

伝承では、593年とされていて

聖徳太子の時代のこと。

 

平安末期の1168年に

平清盛によって現在の形に

造られました。

一遍上人一行は拝殿の中央に座り、4人の妓女の舞を観賞しています。

 

 

テレビ番組の『世界遺産』で紹介された厳島神社

印象的な画面でしたので、縦に

3枚合成してみました。

 

手前が、海中に立つ大鳥居で、

奥が厳島神社の社殿。

 

干潮で水が引くと、

大鳥居から社殿に向かって

一直線に、海の道が出現。

 

遠浅の海で

舟が通れるように

人工的にえぐっているのです。

 

中世から現代まで、

安芸の人々の手仕事によって

海の道は守られてきたのですね。

 

 

 

スマホの写真から肖像画が作れます

 

【私が描いた33名の肖像画】

 

 


PAGE TOP